はじめに

競馬にはドラマが数多くあります、その為幸福感を味わう瞬間も人それぞれあると思います

この事が馬券に大きな矛盾を生み勝ち組、負け組を作っている事そしてJRAの狙いだと言う事が最後には分かります。

わたしは寝てる時間以外、毎日毎日競馬でどうしたら勝てるのかを考え、追求しています。
そんなわたしですが1つ、許せない事があります。
予想家と名乗る人達が自信の予想を有料でも無料でも配信をしてその予想が的中してるにもかかわらず、蓋を開けたら負けている予想を堂々と配信している事にです。

こんな内容聞いたり、みた事あると思います

「何連続的中」「20回配信連続的中」「的中率が最も大事!!」「当たる神予想」「競馬の神様」

大体予想は1〜3番人気の複勝がメイン、地方競馬で毎日配信をしてるがそんなのが連続的中したと自慢してるが、全く無意味な的中報告であり、予想家として恥ずかしい事をしているだけ
期待値の低い馬を何十回的中させたところで必ず負けるという事をお話しさせて頂きます

間違いの認識

【予想が的中する事が勝利ではない】

競馬は当たり前のように外れる確率の方が圧倒的に高い難しいギャンブルです。

1日10レース勝負して2.3回しか当たらない戦いの中で的中してもお金が増えることのない、トリガミ予想をしてる人が多すぎます。

ガミ予想を提供している予想家は競馬の本質に気づけてないので素人と同じ、予想家と名乗る資格はありません。

配当見てなかったから思った以上に少ない配当だったなんて言葉は競馬で儲けてる人からしたらあり得ない話なんです。

競馬の勝敗はお金が増えた減ったしかない
そしてお金が増えるのは一時的では意味がない

唯一例外なのは、生涯最後のレースを予想して、金輪際馬券を買わない、という人はどんな予想をしてどんな馬を買っても問題ありません。

それ以外の人は絶対にガミ予想をしている予想家の予想だけには乗らないでください、絶対に未来は競馬を嫌いになるか、馬券を買う事が出来なくなります。
絶対に100%負け確定だからです。

馬券で唯一お金が増える、競馬に勝てる可能性がある考え方は

期待値の最も高い馬を予想し続け、尚且つ自分を常に把握している】 

これ以外にありません。

何故か


話の後で説明しますが競馬は胴元(JRA)が100%勝てる仕組みになっています。
そもそもJRAと勝負なんてものはしていないのです予想を的中してるだけでは勝てない、その理由がJRAが100%儲けている事にあります。

このシステムを控除率と言います、これも後で詳しく説明します

JRAにマインドコントロールされ続けてること、JRAはそこまでして守りたい競馬の本質とは何か。
JRAはいつかなくなる事を恐れているのかもしれません。

競馬でお金がなくなる人は原因が見えていない


競馬を否定する人、辞めた人に多く見られるのは、競馬が原因で離婚したと話す夫婦、競馬が原因で借金を抱えてしまったと愚痴る会社の役員、競馬が原因で犯罪者になってしまった愚か者・・・

彼らには間違った認識が2つあります

  1. 競馬で負けて自分のキャパ以上にお金を使ってしまった事
  2. 競馬が悪いと責任転換してるところ

簡単に説明できますよね。
不幸になった原因は自分が負けた事だけです。
そして何故負けたのかの原因探索を疎かにした事です

継続は力なりに真っ向から否定する競馬の真実

予想をする時に殆どの人がレースで勝つ馬を考えると思います、予想通りにその馬が優勝した事で自分も勝ったと勘違いしてしまうのです

勿論色々な自分なりのファクターを駆使して、最終的に予想を決めていることと思います、このレースで、優勝するのはどの馬なのか

残念な事にもう既にこの時点で負け戦となり、続ければ無駄死にです

予想が当たったから勝ちではないんです!
予想が当たって
【儲ける事が勝利なんです!!!】

貴方の予想が的中した事によりいったいどれだけ儲かるのかこの事を必ず理解してください。

この事を理解してない人は必ず負けます

期待値を知る


他のギャンブルにも期待値という言葉は存在しますが競馬は数字である程度までしか弾き出す事ができないので、実際はこの期待値の数字が正確なほど勝てる予想という事になってきます

競馬特有の期待値を導き出すには貴方の競馬経験は決して無駄ではなく、馬券内を当てる予想力はかなりの武器です、あとはその仕組みを理解する事だけです

何故勝つ人、負ける人が生まれるのか

間違った認識の人が多いので伝えておきます、期待値とは人気のない馬、配当金が高い馬の事を示すものではありません、そもそも馬券内に(3着以内)来なければ全く意味がない事です

競馬特有の期待値は、馬券内に来る馬を導き出し、尚且つその馬にどれだけの回収率があるのかを知ること、そして何より勝負できるレースなのかを知ることが1番大切です

例に上げてみます

2020年安田記念
1番人気はアーモンドアイ単勝1.2倍
2番人気はインディチャンプ単勝7倍
10倍以下はこの2頭
3番人気グランアレグリア単勝オッズ12倍

知らない人はいないと思いますが優勝したのは単勝オッズ12倍のグランアレグリアでした。

グリグリの1倍台の認識を再認識します。
【最も勝つ可能性が高い馬ではなく、そう思われている馬】が正しき認識です

アーモンドアイは前走同じ距離、コースのヴィクトリアマイルを楽勝した事により、一気に評価が遥かに適正な評価基準を超えてしまいました。

2走前の有馬記念の負けを完全に忘れるくらいにです。
この馬は着外になる事もある馬なんだと、少し前に結果としてでてるのに、、、何故間違いなく勝つと予想して馬券を買えるのか不思議ではないですか。

まさに勝負できるレースに仕上がりました、競馬特有の期待値が生まれたからです

それは何故だと、どこだとおもいますか?

ひとつヒントです。
勝ったグランアレグリアの評価が過小評価だったと言うことはありません、安田記念は流石競馬通の皆様が予想してるだけあって評価は妥当だったと思います
競馬のオッズは馬券を購入したすべての人の予想の集合体であるが故にある程度の回収率もあり、的中率もかなり優秀だと感じます。

何故評価が妥当なのに勝負できるレースになったのか?

それはオッズ、配当の事です

今回通常の傾向通りのオッズなら全く期待値のないレース、買わないのが1番儲かる確率があるレースと判断されるレースでした。

安田記念の払戻金です
image
結果です
image
3連複と3連単のこれだけの差、3連単馬券だけに期待値が儲かるようになりました。
image
image
先に話した通り人気は全く過小評価も過剰評価もなく正常でした

1.2.3人気で決着する可能性が非常に高い最も硬いと判断出来るレースです

なのに100倍万馬券が潜んでいたんです

本来なら1.2.3人気で決まりそうだと予想したら、そのまんまでは配当が安いから3頭をBoxで購入して6点、あわよくば入れ替われば美味しいかな、もしくは保険として買う(これも負ける原因なんですが、、、)
2着、3着あるかもと思う人は多いはずです

全く同じようなレースがその前年の有馬記念にも起こりました、過去にも多くあります

それでもまたしても、絶対、確実に勝つと信じて馬券が買われていました

そして1番買われてる3連単アーモンドアイが1着だった場合配当はこちらですimage
通常のレースで有れば馬連、ワイドなどでも十分に狙える配当です、最も当たる確率の低い3連単をこのオッズで購入していては、絶対に勝てません。

いつかは必ず負ける

最後に期待値が何故発生するのかは、はじめに話しました通りその馬に対しての評価が適切でないことからくる矛盾であり、原因としてレースにおいての有利不利などの明らかな情報不足から起こる現象が原因でオッズが適正でなくなるからですが、そもそも、土日JRA(主催者側)とマナーゲームをしていると勘違いしてしまい、本来の対戦相手を見失っている事が1番大きな原因なんです

本質


競馬に数多くのドラマがあり、馬券を当てる事だけが競馬の楽しみ方ではないというJRA側の主張の本当の意味は実は全くの闇であり、考え込まれたマインドコントロールなんです

応援馬券の導入


2006年にディープインパクトの人気にあやかるかの如く誕生した応援馬券なるもの、この応援馬券は非常にJRAの意識が前面に押し出されてる決定的な出来事です
好きな馬を応援すると言うことは全くギャンブルとは正反対のスポーツです

好きな思い入れのある馬を応援する人の心理を利用した正直かなり悪徳なやり方です

応援するのと、競馬で勝つ、儲けることは全く違う事に気付いているでしょうか

この矛盾をJRAはずっと守り続けているのです

全く違うものが集まりその全て凝縮されて一つに反映されているのがそうですオッズなんです

馬券を、買う人の想いが違えど反映先は同じなんです

例えばハルウララをみんなが応援して一時期人気が上がり、単勝人気が上がりましたが結果は未勝利のまま引退しました。
当たり前の事です。

ハルウララの力は変わりません

1番人気の馬は1番勝つ確率が高い馬、ではなく
1番強い馬だと、思われている馬であり
決して、1番強いわけではない

オッズは力のパラメーターでは消してないという事を忘れないでください

JRAの1番恐れてる事

仮に競馬の儲け方を知らない人の中から30%の人が儲け方を理解して、しっかりと馬券を買う事があれば、オッズと結果の誤差が少なくなり、期待値が減少してしまい、馬券を買っても儲からないとなってしまい、自然と馬券を買う人が減っていきます

馬券を買って貰わないとJRAは競馬を維持できませんので不確定要素で馬券を買ってくれる人を少しでも増やす事で期待値を維持して、馬券で儲けてもらう事がJRAのやるべき事になっていったのです
もう一つの大きな要素にテラ銭が存在します
テラ銭とは胴元(主催者)に初めから引かれる金額の事を言います

競馬においては控除率と言います

控除率
単勝20%
複勝20%
枠連22.5%
馬連22.5%
ワイド22.5%
馬単25%
3連複25%
3連単27.5%
WIN5が30%

控除率20%〜30%を差し引いてオッズをだしているので初めから競馬の回収率は70%、80%の当たりになっていきます

的中率80%でも競馬に勝てないカラクリがこの控除率にあります。
期待値の低い馬ばかりを買っていては勝てない理由です。

極端に期待値がないレース


image
ディープインパクトの無敗の三冠を賭けた菊花賞ですオッズは1.0倍です、いくら馬券が的中してもお金が増えません。

JRAは歴史的なディープインパクトの無敗の三冠最後の菊花賞こそが、本当は1番避けたいレースなんです

わたしはディープインパクトが大好きですがディープインパクトのレースの馬券を買ったことは一度もありません、引退レースの有馬記念ですら、記念に買っている仲間を見ながら、ディープの最後の走りを目に焼き付ける事をしていました

最後に

期待値の低いディープインパクトが出走しているレースですら、競馬に絶対はないからディープインパクトが負ける事があるかも知れない!!
裏付けが一つもない状況で一か八かの大穴を予想してる人もいたと思います。

競馬で勝つ(儲ける)には期待値の高い馬(馬券)を買う事しかありません

ディープインパクトが着外になる可能性は怪我するしかない、それくらい力の差が歴然です。
怪我をする可能性が何%あるのでしょうか?

大穴に予想して馬券を買ってる人は1番競馬で勝てない人の部類に当てはまります

どうしたら改善するのか

まずはどの馬が3着以内に入るのかを予想する事だけに集中して実際馬券を買うのではなく、サイトの予想大会などでエアー馬券で的中率だけを意識して馬券を当てる感覚を理解してください

大前提として3着以内にどの馬が来るのかをある程度わかるくらいまでならないとどのみち馬券では負けます

競馬で年間回収率が5年以上100%を下回ってない人達はこのシステムを理解して馬券を買っているからです

言い方悪く言うと
【期待値を意識していない人が馬券を買ってくれてるお陰で回収率が上がる】

競馬で勝ち組の域にいる人たちはこの事を理解してます

自分を知ることが大事

好きな馬と儲かる馬は違いますと話しましたが、好きな買い方と儲かる買い方もまた違います

よく競馬は賭け方をコロコロ変える人は負けると言われてますが自分のパターンを持つことを出来ない人が1番負けます

買い方のパターンを自分の中で作るのです
その為にはどの買い方が1番自分の結果(回収率)につながっているのかを把握します

私は3パターン用意してます 
1つ目は
馬単1着流し3.4点、ワイド3.4点買うパターン
2つ目は
3連単1着固定6点、ワイド3.4点買うパターン
3つ目は
単勝、複勝どちらか1点

何故この買い方なのかは自分の回収率を数字に出していくと馬連、3連複だけが回収率100%を下回り負けてる買い方だとわかりました、逆にパターンに入れてる買い方は100%を超えてる買い方なので勝てる買い方をパターン化しただけになります
買い目の点数にも意味は同じで回収率が1番高い買い方に基づき身につけた買い方なので、まずは自分の収支をつけるようにして、回収率が高い買い目や、レース傾向などを理解してみてください
少なくても年単位で出してみるようにしてみてください

必ず改善します、競馬を楽しみましょう!!

ポチッと応援よろしくお願いします🤲

 banner_22.gif  にほんブログ村 競馬ブログへ
メルマガもよろしくお願いします⬇︎⬇︎

【競馬特有期待値、勝負レースが一目瞭然なメルマガ】 人生の幸せとは どれだけ自分以外の人の為に本気になれたかで決まる